NFTでよく使うDiscordの本来の意味と英語表現

NFTでよく使うDiscordの本来の意味と英語表現
みなさんこんにちは!☀️
Discordと言うアプリはご存知でしょうか?
 
NFT業界で活動している方は頻繁に使用してますよね。
私はDiscord廃人のようになっています。🤣
 
今回はNFTで必要不可欠なDiscordの本来の意味と、discordを使った英語例文をご紹介いたします。
 

アプリのDiscordとは?

 
まずはアプリのDiscordの意味を簡単に説明します。
Discordは、グループで情報を共有できる、テキストチャットやボイスチャットでができるSNSツールです。
 
高機能なコミュニケーションツールとして注目され、最近ではゲームやNFTプロジェクト、仮想通貨などのコミュニティなど多岐にわたる用途に利用されています。
 
 

英単語discordの本来の意味

 
 

<discordの意味>
・「不和」「内輪もめ」「不協和音」

 
 
しかし、Discordのアプリを使ったNFTのコミュニティーでは、仲間たちとの会話、情報共有、プロジェクトの進捗(NFTなどの開発)などに広く使用されています。
みんなで協力し合ってコミュニティーを楽しく盛り上げています。
 
NFTに限らずゲーム等のコミュニティーも同じだと思いますが、アプリのDiscordは、本来の意味とはまったく違っている点が面白いですね。
 
私の個人的な意見としては、たとえ仲の良くない人でも、Discordに来るとみんな楽しく会話し仲間になる、という願いがあるんじゃないかな、と思っています。
 
 

discord、Discordを使った英語表現

 

まず、discordを使った例文をご紹介します。
 
 

<本来の意味(不和、内輪もめ)の文例>

The discord between the NFT projects caused last week.
NFTのプロジェクト間での不和が先週起こった。

・He is in discord with other members in the comminity.
彼はコミュニティーの他のメンバーと仲が悪い

 
 
 
次にSNSのDiscordを使った英文例です。
 

<Discord(ディスコード)の意味での英文例>

・I am chatting with my friends on Discord.
私は友人たちとディスコードで話をしています。
 
・Please go to our Discord and find the link of NFT minting site.
私達のディスコードに行って、NFTミントサイトのリンクを探してください。
 
・I will post my NFT pictures on the photo room of Discord.
ディスコードの写真ルームにNFTの写真を投稿するね
 
 
 
では、今回はここまで。最後まで読んでくださり、ありがとうございました!