2022年1月

1/2ページ

仮想通貨のIDO、IEOのトークンセール情報を収集する良い手段

IDO(イニシャル・DEX・オファリング)は分散型プラットフォームで行う資金調達方法です。一方、中央集権型の仮想通貨取引所で行う場合は、IEO(イニシャル・エクスチェンジ・オファリング)と呼ばれています。 このIDOやIEOで行われるプレトークンセールで、仮想通貨が上場される前に入手できれば、上場した際の価格高騰時に売却して大きな利益が得られる可能性があります。上場前後で、仮想通貨の価格が、数倍~数千倍に上昇する可能性を秘めており、爆益が期待されます。しかし、いつ・どこで・どんなIDOやIEOが行われるのか、稼げる可能性があるのか?などの情報を個人で収集するのはとても難しいです。そこで、今回はIDO、IEOのトークンセール情報を収集する良い手段をご紹介します。

仮想通貨の暴落時でも元気なコイン(PAX Gold)

仮想通貨市場は2021年末から、オミクロンショック、米国FRBのインフレ対策(テーパリング)の方針などにより、下落が続いています。ビットコインやイーサリアムだけでなく、最近注目のレーヤー1、レイヤー2のコイン、メタバース関連のコインも軒並み、大きな下落をしています。ここ1週間をみても、ステーブルコインを除きほとんどのコインで10%~40%程度の下落がみられます。 このような厳しい状況の中で、価格を落とさずに元気なアルトコインがありましたので、ご紹介します。

ビットコインの価格はどこまで下がるのか、どうすればよいのか?

ビットコインの価格は低下し続けており、1月22日に4万ドルを切り35万ド付近、イーサリアムは2万4千ドル付近と大きく暴落しました。 これからどうしようか?売った方が良いのかと、考えている方も多いと思います。 まずは原因をおさらいして(米国金融政策、ロシア問題)どう対処したらよいのかを考えてみました。

日本の仮想通貨取引所のランキングと取引所・販売所で買える仮想通貨

仮想通貨を売買する場合、日本では仮想通貨取引所と仮想通貨販売所があります。取引所では仮想通貨を買いたい人と売りたい人が取引をする場所です(板取引)。販売所では、仮想通貨を買いたい人と売りたい人が販売所と売買をします。日本では多くが販売所であり、手数料が高く買った瞬間に損失が発生する大きなデメリットがあります。このため、必ず取引所で売買をお勧めします(板取引)。 今回は、日本の仮想通貨販売所・取引所に分類して、どの仮想通貨が変えるのかを纏めました。仮想塚を購入する際の参考にしていただければと思います。

ビットコインの価格は今後どこまで上がるのか?(2022年初の予想まとめ)

ビットコインの価格はどこまで上がるのでしょうか? ビットコインを長期保持している人、これから購入しようと考えている人にとってはとても気になるところです。仮説を立てて、ビットコインの将来予測をしている情報がありますのでご紹介いたします。 (いずれも2022年1月初の予測です)

仮想通貨の分類は何があるの?(レイヤー1、ミーム、Web3.0、Defiなど)

仮想通貨にはどんな分類があるのでしょうか? 仮想通貨の分野にも流行りすたれがあり、旬な分野は資金も集まりやすく注目を浴びるので、価格も上がりやすい傾向にあります。ですので、流行っている分野の仮想通貨を買っておくと、稼げる可能性があります。今回は、仮想通貨の分類について紹介いたします。

初心者向け!仮想通貨に役立つ情報ツール

仮想通貨を買い始めた初心者ですが・・・ ・詳しい値動きが知りたい ・仮想通貨の種類や詳しい情報がしりたい ・マーケットの情報、動き、見通しが知りたい という方に有用な情報をお送りいたします。 仮想通貨の値動きは、マーケット全体の動きや、株の値動きや経済状態にも影響を受けます。また仮想通貨の市場はどんなトレンドがあるのか、個々の仮想通貨がどんな内容なのか(トレンドに沿っているのか)、今後どんな見通しなのかを知っておく必要があります。 このような情報を入手するために有用なツールを紹介します。