仮想通貨を始めたばかりの時に買い方などがよく分からず「しまった!」" />

仮想通貨初心者によくある失敗談(7例)

仮想通貨初心者によくある失敗談(7例)

仮想通貨を始めたばかりの時に買い方などがよく分からず「しまった!」と思ったり、あとで振返ると「失敗だったな」と思うことがあります。
仮想通貨だけでなく何事も、やりながら覚え、知識をつけて、改善をしていくトライ&エラーかな、と思います。
今回は私自身が経験した(経験している)、失敗例(一部は悩み)を7つご紹介します。ご参考にしていただけますと有難いです。

 

 

仮想通貨初心者によくある失敗談(7例)


①販売所で買ったら赤字

 

一番初めは、コインチェックで仮想通貨を買いました。最初は知らずに、販売所でビットコインを買っており、
毎回買った瞬間に、結構利益がマイナスになり、こんなものかと思っていました。

しかし、販売所では販売価格は市場価格より高めに設定しており(スプレッド)、損をしていることに気が付きました。販売所での売買は手数料が高く、取引所では手数料は非常に安いです(自分で価格設定と、売買成立までに
時間がかかりますが)

それ以来、コインチェックはやめて、比較的多くの仮想通貨の売買ができるビットバンクの取引所に
移りました。

 
 

 

②少額送金 ガス代で大赤字

 

日本の取引所では、売買できる仮想通貨の種類が非常に少ないので(22年1月で40種類以下)、
海外の取引所で買おうと思いました。
WEBブログ記事などで調べていると、海外取引所では円は使えないため「まずコインチェックなどでビットコインやイーサリアムを購入して、海外取引所に送金をしてください」と書かれていたのでその通りにしました。

しかし、ガス代(送金手数料)が非常に高いことに気が付きました。1万円のビットコインやイーサリアムを送金すると、数千円のガス代が掛かってしまい、大きな赤字になりました。

こんなガス代を払い続けるわけにいかないので、他の手はないか調べました。リップル(XRP)、ステラルーメン(XLM)などは、数円~数十円くらいと、非常にガス代が安いことが分かりました。それ依頼、海外取引所への送金にはリップルをよく使っています。

 
 

👉こちらの記事も是非ご参考に!

>>海外取引所への仮想通貨の送金方法

 

 

③続伸銘柄を買ったら下落した(高値づかみ)

 

どんどん値上がりしている銘柄は、どうしても買いたくなってしまいますよね。YouTubeなどで調べても、まだまだ上がるだろう、などと予想されていると、買ってしまいます。

私も、注目をされているメタバース系の銘柄などを、価格が上がっている時に買いました。しかし、買った時点ですでに皆も十分買っており、値段が上がりきっていた様子で、高値づかみをしてしまい、その後は下降がつづきました。

たとえ価格が上昇していても、チャートの読み方・分析の仕方をしっかりと勉強し、買うタイミングか否か、をしっかり見極める必要があると反省しました。

 
 

👉こちらの記事も是非ご参考に!

>>初心者向け!仮想通貨の無難な買い方

参考)イケハヤさんの仮想通貨セミナー

 


④短期トレードで疲弊

 

短期トレードで毎日利益が得られたら嬉しいなと思い、デートレードをやってみました。買うタイミング、売るタイミングについては、チャート図とともに本で多少勉強してから取組みました。

しかし、一日中、チャートの動きが気になり、つねに画面に張り付いていないと不安で、他のことが全く手につかなくなりました(サラリーマンなので、平日にトレードしていては業務ができません)

価格の上昇・下降で、精神的な起伏も激しく動き、とても疲弊してしまいました。マイナスにはなりませんでしたがトレード(投機)は向いていないことが分かり、断念しました。
私と同じような方は、価格の変動があっても焦らずに長期ガチ保をおススメします。

 
 

👉こちらの記事も是非ご参考に!

>>初心者向け!仮想通貨の無難な買い方

参考)ドル・コスト平均法(日本証券業協会)

 


⑤目移りして多くの銘柄を買ってしまう


仮想通貨は1万種類以上あります。ビットコインやイーサリアムなど主要コインを始め、注目を浴びているメタバース系、GameFi系、DeFi系、レイヤー1、WEB3.0など、様々なカテゴリーの仮想通貨があります。

WEBやYouTubeなどの情報を見ていると、どの仮想通貨も仮想性があるように思え、どれも買いたくなってしまいます。その結果、私は20種類くらいを買ってしまい、きちんとフォローできなくなってきました。

 
 

 

⑥日本人に人気の銘柄を買ったらずっと下落

 

あまり世界では注目されていませんが、日本人に人気の高い仮想通貨もあります。SNSなどで盛り上がっているので、儲かりそうな雰囲気を感じるので、つい買いたくなってしまいます。しかし、買ってからは価格が下落を続け、見直しをかけた時に全て売却しました。

盛り上がりだけで判断するのではなく、各銘柄の機能・技術面を分析して世界のトレンドに乗る可能性があるのか
を見極める必要があります。

 
 

👉こちらの記事も是非ご参考に!

>>日本で人気の高い仮想通貨(5種類)

 

 

⑦資金が少なく爆上がりしても儲からない、チャンスを逸してしま

 

私の大きな悩みは資金が少ない点です。数十パーセントから数倍に価格が上昇すると、すごく儲かる人は多くいます。
しかし、5,000円程度しか購入していないと、2倍に価格上昇しても儲けは5,000円です。100万円の資金があると、2倍に価格上昇すると、100万円儲かります。

また、これは買うチャンスだ!というときに、タイミングよく資金が手元にありません。案の定、価格は上昇して悔しい思いをしたこともあります。

IEOやIDOのプレトークンセールの際も、資金が無くてなかなか参加できません。
※上場する前の仮想通貨を事前に買うことによって、爆上がりで儲けられる可能性がある

十分な資金は必要だと痛切しています。購入資金を増やすには、不要出費は削る、自己投資もしっかりし、本業の収入を増やす、副業で稼ぐ、などやっていく必要があります。このため、まず今の自分に出来ることからと思い、毎月支出の見直しと、このブログも開始しました。
この本がとても参考になりました。